お知らせアーカイブ

このブログは2015年7月に新しいアドレスへ移動しました。こちらはアーカイブになります。
最新の記事は右のリンクより閲覧いただけます。⇒『アドメンチストメディカルセンターからお知らせブログ』

  • <前月
  • 次月>
  • 2017年03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
アドベンチスト メディカルセンター市民公開講座が西原町内3か所の自治会で開催されました。

今回の講座は西原町が実施する「いいあんべー共生事業」の一環で、アドベンチスト メディカルセンターが協力する形でおこなわれました。歯科衛生士による「お口の健康」と排泄(コンチネンス)外来看護師による「排泄の大切さ」について体操を交えながら楽しく学べるひとときを過ごしました。

西原町いいあんべー共生事業は高齢者の健康維持と社会参加を促進し、世代間交流を通し孤独感の解消に努め、介護予防に資するとともに、地域のボランティアの育成と地域活性化を図ることを目的としています




https://www.facebook.com/okinawa.amc

 

アドベンチスチト メディカルセンター恒例の宿泊研修が今年も本島北部で行われました。

話の要約や表現力を要する一分間スピーチや病院の理想像について語り合うグループワー クをとおして患者様中心の医療をどのように実践するか、また未来へ向けて病院がどうあるべきかを考える良い機会となりました。
食事の準備は係りを決めていたにも関わらず、参加者みんなで手際よくお手伝い。寝食を共にすることでお互いの一面を知ることができ、有意義な宿泊研修となりました。

https://ja-jp.facebook.com/okinawa.amc
 
この度、アドベンチストメディカルセンターの緩和ケア病棟に2名の認定看護師が誕生しました。

患者様の苦痛症状の緩和,ご家族への精神的なケアについての専門知識や技術が認められた魚住緩和ケア認定看護師、そして肉体や精神の苦痛緩和、患者様やご家族の生活の質の視点に立ち高水準の看護を提供できる濱田がん看護専門看護師。

魚住看護師はアドベンチストメディカルセンターの緩和ケア病棟で経験を積み、静岡県の認定看護師教育課程を約半年間履修。審査に挑んだ結果、認定の取得となりました。
沖縄県内で13人目の緩和ケア認定看護師です。
濱田看護師は同じく緩和ケア病棟で経験を積みながら沖縄県立看護大学の大学院にて専門看護師教育課程を修了、審査を経て専門看護師として認定されました。がん看護専門看護師として沖縄県内で2人目です。

二人のますますの活躍が期待されています。

https://www.facebook.com/okinawa.amc/posts/1109173289108833


 
ブラジルからブルノさんが歯科研修に訪れました。
歯科では西原町教育委員会主催の海外移住者子弟の研修生受入事業に協力してブラジルからの歯科研修を10月~11月に受入れ、この度報告会がありました。
ブルノさんはサンパウロで開業する歯科医、南米と日本の歯科医療の違いを体験すべく2カ月間、歯科で見学実習を行いました。
 アドベンチスト メディカルセンターの立地する西原はかつて、多くの住民が南米などの海外に移住し、苦労を重ねながら生活基盤を構築し、その土地に順応してきた歴史があります。 西原町出身者の移住先との友好親善、交流を促進するため、西原町では、海外移住者子弟の研修生受入事業を実施しています。
今年度は、3名の研修生が西原町にやってきました。 饒平名 呉屋 ジェシカ パウラさん(アルゼンチン) 、アクイ 城間 リーシ ジェーミーさん (ペルー) 、ワカモト ブルノ エイチさん(ブラジル) 、 の3名です。
3人とも日系3世で、初めての来沖です。 ジェシカさんとリーシさんは大学在学中、ブルノさんは歯科医として働いています。
10月24日、ザ・ナハテラスにおいて式典と祝賀会が盛大に開催されました。

会場ロビーにはあふれんばかりの蘭やきれいな花がいっぱい、米国からのお客様をはじめ、参加者は大感激。
関係病院、業者36社から新聞広告協賛、31社からお花の提供を頂きました。
式典では沖縄県保健医療部保健衛生統括官、米国総領事、西原町長、関係病院長、社長を含む約200名の皆様が出席、厳粛ななか にも和やかに会はすすめられ9名の功労者に感謝状が授与されました。

台風8号

2014年07月15日

台風8号の影響で8日(火)は外来が終日休診
朝から次第に風雨が強まり駐車場の自動車がユラユラと風で持ち上げられている。
滅多に出番の無い正面自動ドアの補強用角材もお目見え。
万全を期したつもりだが風当たりが強く、中庭のサッシの不具合でトビラのガラスが割れベニヤで補強。病室の窓枠の隙間から雨水が少しずつ部屋へ浸入る。そうこうしている中、停電。 自家発電で発電された貴重な電力を必要最小限に使用する。



産婦人科病棟では新しい命が生まれる。
朝、昼、夕食の準備の為、絶え間なく動く栄養...課スタッフ。
夜勤交代もままならず仮眠をとりながらスタッフ連携する病棟看護師。
病室には患者様の付き添いで泊られる家族。

そう、台風でも命を繋ぐため働き続くのが病院なのだ。

https://www.facebook.com/okinawa.amc
コンチネンス講演会
琉球大学公開講座「食・運動・排泄 健康講演会」が6月22日(日)、那覇市牧志ほしぞら公民館で開催されました。

那覇を主会場に、宮古島市中央公民館、石垣市立図書館の同時中継式講演会で合計104名の来場者がありました。

 講演は「玄米食、口腔、ストレス、受診法、排尿障害対策」など幅広い内容で行われ、参加した皆さんは興味をもって聞いていました。


https://www.facebook.com/okinawa.amc
 
日頃のご愛顧に感謝申し上げます。
昨年6月に受審しました病院機能評価の審査結果が公開されましたのでお知らせいたします。
TOPページの右下にある日本医療機能評価機構のバナーをクリックしますと直接ご覧いただけます。


下記の日本医療機能評価機構のホームページからも検索が可能です。
http://www.report.jcqhc.or.jp/index.php


今年6月に訪問審査を受けた病院機能評価
4月から評価基準が新しくなり第3世代のVer.1となりました。
新たな情報は医療機能評価機構から入手するのみで1年前から準備を行い、全職員の協力のもと認定をもらうことができました。
医療機能評価機構の発表では12月時点で3rdG:Ver.1.0認定病院は全国で153病院。以後、2202病院の受審が見込まれています。
 
9月28日 沖縄タイムス
「最後の創作 応援カメラ」と題してボランティアの奥田さんの働きが紹介されました。

奥田さんの他にも25名のボランティアスタッフが活動中。
その他毎週火曜日のホスピスコンサートの音楽ボランティア、準備を行う担当職員やスポットでいらっしゃるボランティアも・・・。
バザーのときには事情があってを離れていた元ボランティアスタッフや患者様のご家族まで大勢の方が協力。


https://www.facebook.com/okinawa.amc
 



メディカルセンターの「卵乳菜食」が新聞で紹介されました 

当院の特徴の一つである食事は卵乳菜食。 
肉、魚(動物性たんぱく質)を使用せず、大豆や小麦を主原料とした植物性たんぱく質、卵、牛乳、乳製品を使った調理を行っています 

当たり前のように調理され、いつものように食し、普通においしい。
これって本当はすごいことだと思います。





http://www.facebook.com/okinawa.amc 


「食・運動・排泄 健康講座」が新聞に掲載されました 

琉球新報社から記者も取材に訪れ、Dr.ヴァーン、西村先生、大湾准教授、長嶺先生、宮城排泄専任看護師、町田代表から「排泄」の重要性を確認されていました。
 
「排泄」は食べることと同じく大切なこと。でも、タブー視されがちで言い出しにくく、また、「年だから…」「皆、そうなるのだから…」とあきらめたり、悩んでいる方も多いはず。

同講座は11月までに浦添市経塚、那覇市首里、三原、西原町、などの地域の公民館で計6回開催される予定です。



http://www.facebook.com/okinawa.amc?ref=hl 


  
4月12日(金)西原町幸地公民館で健康講座を行いました。
小雨にも関わらず50名を超える区民の皆様が参加してくださり排泄に対する認識を新たにしました。それぞれの立場から一般向けにわかりやすく「食・運動・排泄」について説明がなされました。

会場には外間区長、仲宗根前区長、ヴァーン名誉院長もおみえになり病院と地域の企画が大盛況でたいへん喜んでおられました。

講師
宮城 嗣高(アドベンチストメディカルセンター理学療法士)
伊元 教子(アドベンチストメディカルセンター 管理栄養士)
宮城美代子(アドベンチストメディカルセンター  排泄コントロール専任看護師)
町田 礼子(宅老所サンセル代表)  
大湾 知子(琉球大学医学部保健学科 准教授)

同講座は浦添市経塚、那覇市首里、三原の各公民館でも開催を予定しています。 

http://www.facebook.com/okinawa.amc 


ホスピスボランティア養成講座が開催されました 

ホスピスボランティア養成講座を開講したところ、多くの参加者がありました。
医療スタッフのほか、ソーシャルワーカーやチャプレン(病院付牧師)、実際にボランティアに携わっている方々のお話があり、病棟の見学を含め夕方6時近くまで講習が続きました。


http://www.facebook.com/okinawa.amc 



 
グリーフケア基礎講座が開催されました。
(グリーフ・カウンセラー養成講座入門篇)

3/14、グリーフケア沖縄の主催で基礎講座が開催されました。
30名の定員を超えた応募者があり、主催側としてはうれしい半面、受講できなかった方々には大変申し訳ないこととなりました。
国内外の第一線で活躍される鈴木先生は東日本大震災にも触れながら、グリーフ理論の基礎を4時間にわたり講義されました。

https://www.facebook.com/okinawa.amc 
-------------------------------------------------------------------------------
グリーフケアとは・・・
「グリーフ」は“悲嘆”という意味で、近しい人を亡くした人がその悲嘆を乗り越えようとする心の努力。
死別に伴う苦痛や環境変化などを受け入れようとすることをグリーフワークと言います。
そして、これを支援するのが『グリーフケア』です。

 
AMCテニスフェスティバルが開催されました

小雨にも
かかわらず60名がエントリーし大会を盛り上げてくれました。
4名一組男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスの3試合で団体リーグ戦です。
優勝は「食物繊維チーム」で素敵な景品と賞状が手渡されました。
参加者の皆様、ありがとうございました。
 
 
 

ホスピス 新年会

2013年01月21日

1月20日(日)
ホスピス 新年会が行われました。
会場は病棟の全患者さんとその御家族、医師、看護師、病院職員で大賑わい。
ステージでは三線隊の生演奏、テーブルにはおいしそうな御馳走がたくさん並んでいます。
会を仕切ってくださるのはボランティアの皆さん。患者さんの体調も考え、進行も手際よくスムーズに行われ、明るい春の日差しの中患者さん、ご家族ともに新年を喜びました。
【平成24年永年勤続医療従事者者表彰】
 

11月22日 ロワジールホテル・スパタワー那覇において沖縄県医師会主催 平成24年度永年勤続医療従事者表彰授与式が行われ、アドベンチスト メディカルセンターから放射線課の普天間透氏、看護部の津波古美津子氏、健康増進課の上原元子氏の3人が表彰されました。
当院での長年にわたる献身的な勤務が評価されました。
 
 
【ボランティアバザー御礼】

平成23年11月18日(日)、新館ホールを主会場にAMCボランティアバザーが開催され会場は多くの方でにぎわいました。今回も多くの献品をいただき、協力してくださった皆様、業者の皆様に厚く御礼申し上げます。

お買い得品は開店時にすぐに無くなり、お昼近くには沖縄そばやカレーが飛ぶように売れフルーツゼリーやクッキーなどのお菓子も好評でした。

今後も来院される患者様、ご家族のために良い医療を提供させていただきますのでボランティアスタッフ共々変わらぬご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。
また、駐車場の確保が困難なお客様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

ご来場された皆様、ご協力をいただいた皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。
アドベンチスト メディカルセンター 新館ホールにおいて「偲ぶ会」が開かれました。

当院のホスピスを退院なさった患者様の家族を中心にご案内させていただいたところ、今回は15家族、50名の皆様が参加してくださいました。
2名の担当医のほか看護部長、チャプレン(牧師)、担当看護師、ボランティアのみなさんの手作りで会が行われました。

第1部:
   お祈り
   歌 ふるさと
   看護部長あいさつ
   御家族紹介
   特別讃美
   二胡演奏
   チャプレン(牧師)のお話
   お祈り

第2部:
   偲ぶ会 わかちあい
   (家族の方々が故人を偲んで、それぞれのエピソードを話し合いました)
   讃美歌312番


会に参加されたご家族の方々は、初めて聞く他の家族のお話にご自分を照らし合わせ真剣に聞き入り、病院スタッフ,ホスピスボランティアを含めご家族それぞれが喜びと悲しみを共有できる素敵な会となりました。

会の後、話し尽きない家族の方々はホスピスラウンジにおいてお茶を飲みながら2次会をおこないました。


 

病院案内

アドベンチスト メディカル センター〒903-0201
沖縄県中頭郡西原町字幸地868番地

代表
098-946-2833
歯科
098-946-2834
健診センター
098-946-2844
  • 交通アクセス
  • 診療スケジュール

理念

理念

セブンスデー・アドベンチストAMCキリスト教会

歯科医師臨床研修

  • エコー動画配信サービスのご案内
  • 会員ログイン

当院は日本医療機能評価機構認定病院です

ページ上部へ戻る