婦人科

婦人科のご案内

当院では、産婦人科一般外来に加えて各種専門外来での診療を行っています。
それぞれの分野を得意とする医師が治療に当たっていますので、専門外来受診ご希望の方は、ご予約の際に必ず「専門外来受診希望」とお申し出ください。

産婦人科のよくある質問

排泄や骨盤臓器下垂のトラブルでお悩みの方(コンチネンス外来)

たとえば、このような症状でお悩みではありませんか?

  • おしっこが近い、出にくい、咳やくしゃみで出てしまう
  • 便秘、下痢をしやすい
  • 尿や便をがまんできない
  • 何かが下がってくる感じがする
  • すっきりしない
  • 尿、便が近くて困る
  • 夜中に尿意で何度も起きる
  • お腹に力を入れないと尿が出にくい
  • 膀胱炎をくり返す
  • 下剤が無いと出ない

排泄はタブー感が強く、公の場で語られることがあまりありませんし、排尿、排便について正しい知識を持てる機会はめったにありません。しかし、頻尿、尿失禁、便秘、下痢、過敏性腸症候群など、排泄障害を持つ方は大勢います。 また正しい知識を持つことで、予防が可能な排泄障害もあります。更に腸内細菌を健康に保つことで、生活習慣病やがんなどに良い影響があることがわかってきています。

タブー視されがちな排泄障害について正しい知識と対応法を理解してもらい、排泄障害を持つ女性の方々に多くみられる骨盤臓器脱の早期発見を促し快適な生活がおくれるよう支援いたします。
また、認知症や年のせいとあきらめている症状もケア方法の改善によって快適な生活がおくれるよう支援いたします。

コンチネンスとは

排尿や排便が正常の状態を表す言葉を英語で「continence(コンチネンス)」と言います。日本語に訳すと「禁制」です。「失禁」は禁制の反対語で、意識しないであるいは意志に反して尿や便が漏れる状態をさす言葉で英語では「incontinence(インコンチネンス)」と言います。しかし、尿や便が漏れるだけでなく、出にくいのも大問題です。

当診療科は尿や便の失禁だけではなく出なくて困ることを含めて排泄障害ととらえ、対処方法を考えます。

また、子宮脱などの骨盤臓器脱の対処方法も考えます

西村かおる  [ニシムラカオル]

(NPO法人 日本コンチネンス協会 会長)

1979年日本三育学院カレッジ看護学科卒業、1982年東京都公衆衛生看護専門学校保健学科卒業、同年東京衛生病院に訪問看護婦として勤務、1986年英国サセックス州ブライトン・ポリテクニックにて地域看護を学ぶ、1987年英国でコンチネンスアドバイザーについて、失禁看護を学ぶ、1990年 東京都杉並区にコンチネンスセンター(排泄ケア情報センター)開設、現在コンチネンスジャパン株式会社専務取締役、日本コンチネンス協会会長、北里大学病院(泌尿器科)非常勤勤務、近森病院非常勤勤務、 沖縄アドベンチストメディカルセンター非常勤勤務、北里研究所病院コンチネンスクリニック非常勤勤務

コンチネンスのよくある質問

月経でお困りの方

月経困難症(生理痛がひどい、生理中の下痢・吐き気・頭痛・発熱)、月経周期異常(周期がばらばら、長い、短い)、月経量の異常(多い、少ない)、 月経前症候群(PMS:月経前にいらいら、頭痛など調子が悪い方)など、月経に関する問題は何でもご相談ください。

更年期でお悩みの方

更年期障害でお困りの方、ホルモン療法から漢方、向精神薬を使った治療まで幅広く行っています。

子宮内膜症について

月経のある人の10人に1人は内膜症があるといわれています。内膜症の治療にもいろいろな方法があります。
当外来では、内膜症の診断がついている方の長期治療についてのご相談、再精査や治療方針についてのご相談を受け付けています。

特にこれから妊娠を望む方の内膜症管理には力を入れています。

外来受診について

産婦人科はすべて予約制です。事前に下記の専用番号にてご予約ください。

098-946-2837

外来担当医が分娩担当も兼任することがあり、外来診療中に分娩がある場合は多少お待ち頂きご迷惑をおかけすることがございますがご了承下さい。

病院案内

アドベンチスト メディカル センター〒903-0201
沖縄県中頭郡西原町字幸地868番地

代表
098-946-2833
歯科
098-946-2834
健診センター
098-946-2844
  • 交通アクセス
  • 診療スケジュール

理念

理念

セブンスデー・アドベンチストAMCキリスト教会

歯科医師臨床研修

  • エコー動画配信サービスのご案内
  • 会員ログイン

当院は日本医療機能評価機構認定病院です

ページ上部へ戻る